読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大西オサム(清潔であたたかい民主県政をつくる会)

〒733-0024 広島市中区大手町4丁目2-27-403 電話082(245)2501 FAX082(245)2502

ごあいさつ

f:id:kakushinhiroshima:20131012085325j:plain

 今、どこでお話しを伺っても、くらし、地域、福祉、子育てなど、先の見通しが持てない状況が続いています。そのような中、さらに消費税増税や年金削減が計画されています。TPP交渉がすすめられ、広島県地域の先行きが見えない状況があります。

  本来、広島県の仕事は、地方自治法に定められているように、広島県民のくらしと福祉を守ることにあります。

ところが今の県政は一握りの企業は応援するが、県民や中小企業、地域への応援はおざなりです。国が計画している消費税増税、年金・医療の改悪に対しても容認・推進の立場です。TPP交渉参加で広島県がどうなるのか、試算すらしようとしません。これでは広島県民のくらしと福祉を守ることはできません。

 私は「広島県民のくらしと福祉を守る立場で一歩も引かない」知事、地域経済を応援し、国の悪政にはっきりノーの意思を示す知事となることをお約束します。

 住民のくらしとは関係のない広島高速5号線、福山西環状線、福山沼隈道路計画は中止し、橋や道路、全国一遅れている学校の耐震化など、県民のくらしに密着した公共事業へと転換します。また、そうしてこそ広島県内で需要が広がり雇用が生まれる「地域循環型」の地域経済をつくることができます。

県政の転換で、子ども医療費の中学校卒業までの無料化、国民健康保険の支援拡充、中小企業振興条例の制定、学校や病院・橋や道路などの耐震化、をなんとしてもすすめたいと考えています。 

 県民のみなさんの願い届く県政へ、力をあわせましょう。