読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大西オサム(清潔であたたかい民主県政をつくる会)

〒733-0024 広島市中区大手町4丁目2-27-403 電話082(245)2501 FAX082(245)2502

広島県知事選挙が告示―私の第一声(全文)を紹介します

【政策をぜひご覧ください】

●法定1号ビラ

「民主県政をつくる会」の法定ビラです - 大西オサム(清潔であたたかい民主県政をつくる会)

民主県政の会パンフ(PDF・16ページ)

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

広島県知事選挙が告示されました。この選挙は「自治体が『住民の福祉とくらしを守る」という、自治体本来の立場に立つ」ための選挙です。

以下、今朝の出発式でのあいさつ全文を紹介します。

 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

私は労働組合や市民団体、政党では日本共産党が参加する「清潔であたたかい民主県政をつくる会」から無所属・日本共産党推薦で立候補いたします、大西オサムです。よろしくお願いします。

 みなさん、くらしむきはいかがですか?

 働くみなさんの賃金が減り続けています。若者は、なかなか先が見えません。商店街はシャッターが目立ち、農山村は過疎に苦しんでいます。

そこへ、安倍自公政権は、消費税増税と年金カット、医療費窓口負担の値上げを計画し、農業をこわすTPP交渉をすすめています。

 そんな中、広島県は「住民の福祉とくらしを守る」自治体本来の役割を果たせていません。

 私・大西オサムは、そんな広島県政の、「3つの転換」をおこないます。

第一の転換は、県民全体のくらしを支える県政への転換です。

今、広島県はひとにぎりの特定企業のための基金をつくって40億円出資し、2社に15億円投資しています。一方、事業所の99%、雇用の8割をになう広島県経済の主役である中小企業振興予算は33億円、1社あたりたった3万6千円です。

農業では、農業へ参入する企業への支援が中心です。

 福祉では、半分近くの県がすでに実施している国民健康保険への助成は行わず、子どもの医療費助成は小学校に上がる前までしかおこなっていません。

  これを私は、くらしを支える県政へと転換いたします。

 ★ 中小企業振興基本条例を制定し、中小企業予算を抜本的に増やします。

 ★ 農業の、価格保障・所得補償、新規就農者への支援を強めます。

 ★ 特養ホームを増設し、介護の負担をへらします。

 ★ 子どもの医療費は中学校卒業まで無料にします。

 ★ 全国一遅れている小中学校の耐震化を急ぎます。

 これらの財源は、地域住民が「環境破壊」「ムダ使い」と反対している、広島高速5号線二葉山トンネルや福山西環状線、福山沼隈道路、合わせて2000億円以上の工事を中止してつくります。

 みなさんの願いが届く県政を、私・大西オサムとご一緒に実現しましょう。

二つ目の転換は、国の悪政の防波堤となる広島県への転換です。

安倍自公政権の暴走から県民のくらしを守ることは、県政の大切な役割です。ところが、今の知事は、その暴走を応援しています。

■消費税は、「計画通り上げるべきだ」と、増税推進の立場です。

■農業をこわすTPPも推進の立場で、県内の農業への影響の試算すらしようとしません。

■年金が削られ、医療費が上げられることにも、抗議の声を上げようとしません。

 私・大西オサムは県民のくらしも地域経済もこわす「消費税の増税中止」、「TPP参加から撤退を」と、国の悪政にはっきりモノを言う県政へと転換いたします。

三つ目の転換は、被爆県として、核兵器廃絶、原発ノーのメッセージを発信する広島県への転換です。

 原発を動かせば、処理方法が確立されていない「核のゴミ」が増え続けます。いま原発はすべて止まっていますが、支障は起きていません。

 ところが広島県は原発の再稼働について「国が判断すること」と容認の立場です。

 私・大西オサムは被爆地ヒロシマの知事として、島根原発愛媛県伊方原発の再稼働反対、上関原発建設中止、の意思を明確にします。

同時に広島県の地の利を生かした自然エネルギーの開発で町おこしを本格的に援助する広島県をつくります。

みなさん

知事が変われば、くらしと地域が変わります。ごいっしょに「くらし守れ」の声をあげようではありませんか。投票日には「大西オサム」と書いてご投票ください。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

選挙戦初日は県内に大雨警報が出たため、街頭からの訴えは途中で切り上げました。被害が出ないことを祈るばかりです。(大西)